2018クリスマスギフト特集

(高齢うさぎ)冬の寒さ対策でうっ滞を予防。おすすめの方法を紹介

飼いうさぎの元になっているアナウサギは寒さに強いと言われているため、ペットのうさぎも寒さに強いと思われがちですが、実はそうでもありません。

夏が終わって、肌寒くなってくる10月~11月頃に体調を崩すうさぎが増えてきます。

気温の低下でお腹が冷えて、胃腸の活動が弱くなりうっ滞などを起こしやすくなってしまうからです。

高齢うさぎは代謝が落ちて体温調整がうまくできなくなっているので、より注意して寒さ対策する必要があります。

そこで今回は、うさぎのケージ周りの寒さ対策のポイントや、おすめの方法などを解説します。

最適な温度・湿度

最適な室温のおさらいです。

うさぎが快適に過ごせる気温は15~25℃と言われています。

繁殖期や病気のときのなどは23℃に保つことが推奨されていることを考えると、高齢うさぎも23℃が理想的な室温だと考えられます。

最低でも20℃以上にはしてあげたほうがいいと思います。

湿度は40~60%がベストですが、冬は特に乾燥しやすいので、給水器の水の減りにも注意してあげてください。

室温と湿度は部屋の場所によっても違うので、うさぎのケージ内の環境を知るためにケージ周りに温湿度計を設置したほうがいいでしょう。

おすすめ寒さ対策&グッズ

エアコンを入れる

当たり前のことなんですが、夏ほど徹底されている方は少ないかなと。

寝ている間や外出時も23℃設定にしておいてあげるのが手っ取り早い寒さ対策ではあります。

ただ、これだけだとケージ周りは寒いままなので、他の対策も併用する必要はあると思います。

また、夏も24時間つけっぱなしだったと思うので、フィルターだけでなく、早めにエアコン内部の洗浄をしておくことをおすすめします。

カビなどで汚れているとうさぎはもちろん人間の身体にもよくありません。

エアコン掃除はプロにおまかせ

詳しく見る

見積無料

おそうじ革命エアコンクリーニング

プロの分解洗浄ほどきれいにはなりませんが、こうしたエアコン洗浄剤も売っています。

ペットヒーターを設置する

うさぎを飼っている方は使用している人も多いはず。

サイズもM、L、LLとケージに合わせて選ぶことができます。

床に敷くと慣れないうさぎは警戒してなかなか乗ってくれなかったり、ケージ内のコードをかじったりしてしまうの子もいるので、おすすめは、ケージの壁の内側に設置すること

これなら寒ければ自分でそばに寄っていきますし、暑ければ離れることができます。

また、コードもケージの外に出るのでかじられる心配もありません。

床には、コチラ↓で紹介しているようなマットを敷けば床の冷たさも防げます。

高齢うさぎのためのケージ内住環境。フラットがいい?床素材は?

ポイントは、うさぎが暑くなったときに自分で調整できる環境を作ることです。

温めるのはいいのですが、ケージ内が暑くなりすぎることもあるので、自分で温度調整できるような環境にしてあげてください。

そういう意味ではこのタイプのヒーターもおすすめです。

ケージ内の角に設置してあげて、以下の方法でケージを覆ってあげると、意外に暖かくなります。

毛布や段ボールでケージを覆う

エアコンを入れていてもペットヒーターを設置しても、冬の隙間風は思ったよりも冷たいので、柵に囲まれただけのケージをそのままにしておかないほうがいいでしょう。

毛布(フリース)をケージにかけてあげたり、段ボールでケージを囲ってあげると、隙間風が入らなくなり暖房効率が上がります。

毛布をかじってしまう子は、段ボールで囲いますがそのとき、段ボールをかじらないように段ボールとケージの間に少し隙間をあげてあげるといいですよ。

こういうケージカバーも市販されています。

床からの冷気を遮断

案外見落とされがちですが、フローリングに直接ケージを置いている方は床からの冷気にも注意です。

段ボールでも構わないので、フローリングに何か敷いて床からの冷気を遮断しましょう。

上にも書きましたが、ケージ内にもマットを敷いてあげるのがおすすめです。

加湿器を設置する

最初に書いたようにうさぎにとって最適な湿度は40~60%ですが、冬場は乾燥するので対策をしないとこの湿度は保てません。

(女性の方はお肌にも良くないです。)

ですので、できれば加湿器を用意することをおすすめします。

MEMO

ちなみに加湿器は超音波式以外の方式をおすすめします。

その理由とおすすめの加湿器はコチラ↓をご覧ください。

参考 加湿方式の違いと、おすすめの加湿器おしゃエナ

注意するポイント

温度差に注意

「寒さに強いから」とか「ペットヒーターをつけてるから」と油断していませんか?

人間が起きているときは暖かくても、私たち人間が眠った深夜は、ぐっと気温が下がってきています。

昼間出かけていて、帰ってきたら家の中が寒いこともありますよね?

こんなとき、うさぎは実はペットヒーターだけでは寒い思いをしているかもしれません

寒さにはある程度慣れるものですが、それは、一定の温度に保たれている場合です

暖かかったり寒かったりを繰り返すと、たとえ寒さに強いうさぎさんでも体調を崩します。

高齢であればなおさらです。

人間が見ていない間もケージ内の室温ができるだけ一定に保たれるよう注意してあげてください

暖めすぎに注意

ケージ全体を暖めすぎて、うさぎさんが苦しくなってしまうと本末転倒です。

まずは隙間風などで温度が下がることを予防して、ヒーターなどはうさぎさんが近づいたり離れたりして自分で温度調整できるようにしましょう。

外出時の停電対策

エアコンをつけて出かけたときに停電になってしまった場合、もう一度電源を入れ直さないとエアコンは消えたままになってしまいます。

そんなときに外出先でうさぎさんの様子を確認したり、エアコンを遠隔操作できるのが、「ペットカメラ」「スマートリモコン」です。

外出中にお留守番しているうさぎさんの様子がチェックできて、対応もすることができれば、ある程度安心して外出することができます。

それほど高くはないので、できれば用意しておいたほうがいいでしょう。

詳しくはこちら
ペットのお留守番におすすめ「スマートリモコン」でエアコン遠隔操作・室温チェック うさぎ用ペットカメラおすすめ3選|外出先でも見守れて安心

まとめ

注意点

適温は23℃前後

温度差に注意

暖め過ぎに注意

寒さ対策
  • エアコンを入れる
  • ペットヒーターを設置する
  • 毛布や段ボールでケージを覆う
  • ケージの下に何か敷く
  • 加湿器を設置する

寒さ対策を万全にして、体調を崩しやすい秋冬も楽しく過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。