Amazonのクリスマスプレゼント

高齢(シニア)うさぎの胃腸の調子を整える、おすすめサプリ

うさぎの病気の9割は胃腸からくると言われるほど、うさぎにとって胃腸は重要です。

うさぎが高齢になると、消化器官の働きが衰えてきて、胃腸の調子を崩しやすくなります。

うちのうさぎは牧草をたくさん食べる子でしたが、それでもやはり晩年は胃腸の調子が悪くなることが多くなりました。

なので胃腸の調子を整えるサプリをいくつか与えて調子を整えてあげていました。

このページでは、私が使用して効果のあった胃腸を整えるサプリと、効果の高いサプリ、それからサプリを与えるうえでの注意点についてまとめています。

うさぎさんの胃腸を健康に保つサプリの導入の参考にしてみてください。

注意

サプリはあくまでも足りない栄養を補うものでしかなく、薬ではありません。

どこか調子が悪そうなら、まずは獣医さんに診てもらってください。

うさぎにおすすめの乳酸菌系サプリ

うさぎも人間も同じで、腸内にはそれぞれ善玉菌悪玉菌が存在しています。

簡単に言うと乳酸菌は善玉菌のほうで、腸内環境を良好に保ってくれています。

体調が良いときは、善玉菌と悪玉菌のバランスも良い状態です。

このバランスが崩れて悪玉菌が増えると、うさぎにとって有害なアンモニアなどの毒素を作り出します。

この毒素は体内に吸収されて、病気や老化を促す原因となります。

乳酸菌はこの悪玉菌を減らし、増えにくい環境を作り出し、有害な毒素生産を抑えてくれます。

うさぎの胃酸は人間よりずっと強いので、乳酸菌を食べても腸まで届かないから意味がない、という意見もありますが、乳酸菌を食べさせて実際効果があったという人はかなり多いです。

また、腸に辿り着くまでに死んでしまった乳酸菌は、悪玉菌が作り出したさまざまな有害物質を吸着して、体外に排出されるともいわれているので、あげないよりはあげたほうがいいと私は考えています。

量を増やせば腸まで届くという獣医さんもいるみたいです。

ジェックス ラビットプレミアム乳酸菌

一粒あたり約5千万個のラクリス菌を配合しています。

ラクリス菌は、「有胞子性乳酸菌」という、胞子のバリアを持っているため、胃酸の影響を受けづらい特徴があり、腸まで届きやすい乳酸菌です。

私はおやつとしてあげていましたが、ものすごい勢いで食べてました。

他の人のレビューでも食いつきがいいとあったので、嗜好性が高くて食べさせやすい乳酸菌サプリだと思います。

価格も安いのでおすすめです。

うさぎの乳酸菌

発売開始から15年を超えるロングセラー商品です。

有胞子性乳酸菌の他にビフィズス菌とフェカリス菌も配合されています。

私は試していませんが、これも嗜好性が高く、皆さんおやつにあげているようです。

この商品のほかに、更に嗜好性を高めた「スイートタイプ」と、溶けやすく柔らかくした「うさぎのやわらか乳酸菌」という商品もあります。

スタンダードで試してみて、食べないようなら他の2商品を試してみるのがいいと思います。

コスモスラクト うさぎ用

これは、乳酸菌その物ではなくて、乳酸菌の分泌物と乳酸菌の細胞物質(菌体物質)を特殊な方法で抽出したものです。

5滴くらいを水に混ぜて与えたり、フードなどに染み込ませて与えます。

善玉菌自体を摂取するのではなくて、すでに腸内にいる善玉菌が増えやすい環境を作るためのサプリです。

ということは、「乳酸菌と合わせてあげたら効果があるんじゃないか」と思い、これもあげていました。

水に混ぜてあげていましたが、特ににおいなどはないので、気にせず飲んでいました。

マイトマックス

犬・猫用のサプリですが、商品開発時のテストでうさぎに投与しいるため、うさぎにあげても大丈夫です。

ペディオコッカス菌」という、pH2.0以下の高い酸性の環境下でも生存できる乳酸菌が入っているので、生きたまま腸まで届く可能性がかなり高いです。

カプセルタイプなので、中身だけをエサなどに混ぜて与えてください。

新ビオフェルミンS錠

ジェックスの乳酸菌と合わせて体調が悪いときにあげていたのがこれです。

人間用の薬ではありますが、中身は要するにビフィズス菌をはじめとする乳酸菌で、成分的にはうさぎに害のあるものは入ってなさそうでしたので、体調が悪いときはあげていました。

MEMO

ビオフェルミン(細粒)の中身はこんな感じです。

トウモロコシデンプン、デキストリン、アメ粉、沈降炭酸カルシウム

私は錠剤のほうを砕いてあげていたのですが、細粒のほうが余計なものが入っていないので細粒のほうがおすすめです。

ビフィズス菌のほかにフェカリス菌とアシドフィルス菌が入っているので、「うさぎの乳酸菌」に近いと思います。

ただ、こちらは当然うさぎの嗜好性は皆無なので、水に混ぜてシリンジであげたりしていました。

その分糖分が含まれていないので、糖分過多で腸内バランスが崩れないという点でもおすめです。

注意

あくまでも人間用の薬ですので、与える場合は自己責任でお願いします。

できればかかりつけの獣医さんにも相談してみてください。

毛球対策におすすめのサプリ

加齢とともに消化機能も衰えてきます。

特に気を付けたいのは飲み込んだ毛についてです。

若いときは毛づくろいで胃に入った毛も自然に排出されていましたが、消化機能が衰えるとなかなか排出されず、うっ滞の原因になったりします。

なので、こうしたうさぎの消化器官の働きをサポートするサプリも必要になります。

ヘアーボールリリーフ

毛球対策に必須の、常備しておきたいサプリです。

配合されている青パパイヤが体内に入ってしまった抜け毛を柔らかくして、自然な排出を助けます。

食欲が落ちたときや体調が悪いときに食べさせると劇的に改善します。

もちろん予防としておやつに与えても問題ありません。

う●ちの形が悪いときに食べさせると、すぐに真ん丸でおおきなう●ちに改善されました。

最初は嫌がりましたが、食べやすいよう甘く作られているので、慣れると自分からチューブを直接なめようとしてきます。

本来は嗜好性は低いらしいので、どうしても食べない場合は前足につけてなめさせたり、シリンジを使ったりしてください。

基本的にペレットと一緒にあげたり、食事の時間にあげるのはNGです。

アクティブ.E

飲み込んだ毛に付着するたんぱく質を分解して消化を助け、ガスの発生を抑えることを主な目的としています。

食べ物のたんぱく質をアミノ酸に分解して消化を助けます。

パイナップルから抽出したタンパク質分解酵素「ブロメライン」と、「国産りんご」を乾燥させて粉末化したアップルファイバーを配合しています。

注意点は、乳酸菌と同時にあげないこと。

アクティブ.Eの酵素が、乳酸菌のたんぱく質も分解してしまう可能性があるので、2時間程度間隔をあけて与えることが推奨されています。

OXBOW ナチュラルサイエンス 消化

ナチュラルサイエンス・シリーズは天然成分100%で作られています。

主原料もチモシーなので安心して与えることができます。

カモミール、チコリ、アカニレ、コロハ種子、根生姜といった自然由来のハーブなどで消化機能を強化します。

ただ、このシリーズは硬くて大きすぎるのが難点です。

与えるときは小さく砕いてあげる必要があります。

サプリをあげるときの注意点

フルーツのおやつではダメなの?

毛球対策おやつとしてよくパパイヤやバイナップルが紹介されますが、実はほとんど効果がありません

この2つにはブロメラインという酵素が含まれていて、それが飲み込んだ毛のたんぱく質を溶かすのですが、この酵素は実が熟すことで減っていきます。

なので、むしろ胃腸が正常に動いていない状態だと、糖分が腸内で発酵してガスが発生してしまい悪化してしまう可能性が高くなります。

食べさせるなら熟す前の青い状態のものでないといけません。

おやつには無加糖・無添加の青パパイヤとか青マンゴーの乾燥したものがおすすめです。

サプリのあげすぎは逆効果

サプリの多くは嗜好性を高めるために糖分が含まれていることが多いです。

上にも書きましたが、胃腸が正常に動いていない状態だと、糖分が腸内で発酵してガスが発生することで腸内環境を悪化させることもあります。

糖分の多いサプリのあげすぎには注意してください

 

他にも胃腸の調子を整えるサプリはたくさんあって、特に乳酸菌系のサプリはたくさんあります。

サプリの効きや好みも個体差があります。

効果が出るのに1~2か月はかかるので、それで効果がないようなら別のサプリを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。